ED治療薬の処方と通販の比較あれこれ

処方と通販の比較

ED治療薬を病院から処方してもらう場合と、通販から購入する場合とではそれぞれにメリットとデメリットがあります。

それらを比較して、どちらがより簡単かつ手軽に購入することができるか見ていきましょう。

メリット・デメリット

メリットとデメリット

まずは病院から処方してもらう場合と、通販から購入する場合のそれぞれのメリットとデメリットを比較してみましょう。

病院からの処方 通販からの購入
メリット ・医師に相談することができる
・医薬品副作用被害救済制度が利用可能
・本物が手に入る
・安い
・いつでもどこでも購入できる
・プライバシーが守られる
デメリット ・高い
・診療時間が決まっている
・さまざまな人と顔を合わせる
・すべて自己判断
・すべて自己責任
・偽物が紛れていることがある

それぞれにメリット・デメリットが存在します。
これらがどういうことなのか詳しく見ていきましょう。

値段

病院からの処方と通販からの購入だと、値段に大きな差が出てきます。
バリフは国内未承認の薬ゆえに、病院から処方してもらうことはできません。
そこで、病院からの処方では処方可能なバリフのもととなっているレビトラ、通販からの購入はバリフでの比較を行います。

病院からの処方 通販からの購入
レビトラ(20mg×10錠) 15,000円
バリフ(20mg×10錠) 2,000円
その他の費用 診察料3,000円 送料:1,000円
合計 18,000円 3,000円

病院からレビトラを10錠処方してもらう場合、薬代と診察料で約18,000円かかります。
それに対して通販からバリフを購入する場合は、薬代と送料で約3,000円

病院から処方してもらう場合と通販から購入する場合とでは、通販からバリフを購入した方が約15,000円安く購入することができるのです。

プライバシー

病院と通販ではプライバシーの守られ方にも違いがあります。

病院では基本的なプライバシーは配慮されていますが、処方してもらうまでに医師・看護師・薬剤師・その他の患者など多くの人と顔を合わせることになります。これはどうすることもできません。

それに対し通販では誰とも顔を合わせることなくバリフを購入することができます。しいていえば、商品を配達する配達員の人と顔を合わせますが、箱にはバリフや製薬会社ではなく「supplement」などと記載されているため、バリフを購入したことはバレません。また、家族にバリフの購入がバレる恐れを回避した場合は、郵便局留めを利用することができます。
通販からの購入は誰にもバレることなく行うことができるのです。

時間

病院からの処方と通販からの購入では、処方・購入に関する時間にそれぞれ差があります。

処方・購入できる時間帯に関しては次の通りです。

時間 場所
病院 午前
(9:00~)
× 限定的
午後
(~19:00)
× × 限定的
通販 午前
(0:00~)
どこでも
午後
(~24:00)
どこでも

病院から処方してもらう場合は、病院が定めた診察時間内ED治療薬を処方している病院まで行かなければなりません。それに対し通販からバリフを購入する場合は、24時間いつでもどこからでも購入することができ、時間や場所の縛りはありません

責任

病院から処方してもらう場合は、医師の判断のもとで処方の可否が決まります。そのため、副作用などで障害が残ったなどといった場合、医薬品副作用被害救済制度を利用することができます。また、薬やEDに関してわからないことがあれば医師に詳しく聞くことができるのです。

それに対し、通販からの購入はすべて自己判断のもとで行われるため、なにがあっても自己責任となり制度を利用することはできません。
しかし、きちんとバリフやEDについて調べ信用できるサイトから購入をし、用法用量をきちんと守って服用すれば、安全にバリフの効果を得ることができます

更新日:

Copyright© レビトラからバリフへ!はじめてのED治療薬通販 , 2019 All Rights Reserved.