EDの原因をセルフチェック!バリフでまとめてお悩み解決

EDのセルフチェック方法
EDとはどのような状態を指すことか知っていますか?
完全に勃起ができないことだけがEDではありません。

「勃起の硬さが維持できない」
「中折れしてしまう」
「途中で萎えて射精に至ることができない」

これらの症状もEDに含まれているのです。

そんなEDのお悩みはバリフでまとめて解決!
この記事では、EDのセルフチェック方法、EDになってしまう原因、バリフのおすすめポイントについて紹介します。

EDセルフチェック!勃起の硬さについて

勃起時の固さをテスト
まずは、勃起時の硬さがどのくらいであるかチェックしてみましょう。

グレード0:陰茎が大きくならない
グレード1:陰茎は大きくなるが、硬くはない(こんにゃく程度の硬さ)
グレード2:陰茎は硬いが、挿入に十分なほどではない(みかん程度の硬さ)
グレード3:陰茎は挿入には十分硬いが、完全に硬くはない(グレープフルーツ程度の硬さ)
グレード4:陰茎は完全に硬く、硬直している(りんご程度の硬さ)

セックスの時に、ペニスが大きくならない、または柔らかい状態の場合EDの可能性大。
中折れ、途中で抜けてしまうなど十分な性交ができないグレード3の状態もEDといえるでしょう。

身体?メンタル?EDの原因チェック!

心と身体のED
もしかしてED!?と思ったら、次は自分のEDは何が原因なのかチェックしてみましょう。
まずは勃起の仕組みから解説します。

①視覚や触覚など五感が性的刺激を感知し脳に伝達
②脳から神経を通って、陰茎に血流を送るサインを出す
③陰茎に血液が集まってくる
④陰茎の中のスポンジ状の海綿体が血液を吸収し硬くなる
⑤勃起が起こる

勃起ができない理由は、神経か血管系の異常のサイン!

EDの原因は大きく分けて4つ。
さっそくそれぞれのEDの特徴を見て行きましょう。

・身体の衰えから起こる器質性ED
・メンタルが原因で起こる心因性ED
・薬の副作用によって起こる薬剤性ED
・原因がいくつか重なって起こる混合性ED

身体の衰えからくる器質性ED

器質性EDは、加齢、生活習慣の乱れが原因で起こります。
身体が衰えると血液を送りだすための筋肉が減少。
血管が硬くなると血液がスムーズに流れることができないことから勃起が難しくなります。

また、手術や事故による血管の損傷がEDを引き起こすことも。
神経系の疾患があると、血液を送るサインを上手く伝達出来ません。
器質性EDの対策は、生活習慣の見直しが必要です。

器質性EDのチェックリスト

・加齢を感じる
・飲酒量が多い
・喫煙量が多い
・脂っこい、味付けの濃い食事が好き
・前立腺がん、前立肥大症、直腸がん、腎移植、脊髄損傷、骨盤の損傷などがある
器質性EDと関わりが深い病気
・糖尿病
・血管性疾患(動脈硬化)
・LOH症候群(男性更年期障害)
・神経系疾患(糖尿病性神経症、てんかん、脳卒中、パーキンソン病、多発性硬化症による神経障害など)

メンタルが原因で起こる心因性ED

ストレスにより自律神経が正常に働かず、勃起を促すことができない状態。
過去に受けたトラウマにより、性的刺激として脳が感知出来ないことも。

心因性EDは、初めのうちは軽度なものであっても繰り返すことにより次第に自信の喪失つながり、重症化することもあります。

心因性EDのチェックリスト

・焦りやプレッシャーがある
・性的なコンプレックスがある
・女性に対してトラウマがある
・日頃からストレスを感じている
・パートナーを女性として見れなくなった

薬の副作用によって起こる薬剤性ED

神経系などの働きを麻痺させることで勃起のサインが正常に送れない状態。
薬が原因でEDになっていると気づいていない方も多いのです。
現在投薬している薬がある方は、かかりつけの医師に相談してみましょう。

薬剤性EDのチェックリスト

・抗うつ剤
・抗精神病剤
・抗てんかん剤
・睡眠剤
・抗潰瘍剤
・抗男性ホルモン剤
・脂質異常治療剤

バリフで EDのお悩みにサヨナラできる!

バリフでEDを解決
器質性も心因性も根本から解決するのは時間もかかるし大変。
薬剤性EDの場合、今の薬と併用できるのか不安。

でも大丈夫!そこでバリフの出番です。

有効成分のバルデナフィルが、性器周辺の血管を拡張し、勃起を邪魔する成分を抑えます。
この2つの働きがEDに効くのです。

バリフは服用から早くて15分から効きはじめます。
効果の持続時間は、10mgの服用で5~6時間、20mgで8~10時間と長持ち。

だから体力の衰えが気になる器質性EDの方も自信を取り戻せます。

700kcl以内の食事が可能で適量ならアルコールもOK。
リラックスした状態で性交が可能だから心因性にも◎
バリフは早漏にも効くので心にゆとりを持てるんです。

薬剤性EDでもバリフは服用できるケースが多いです。

バリフと併用ができない薬を紹介します。

・硝酸剤
・NO供与剤
・クラスIA及び、クラスⅢの抗不整脈薬
・リオシグアト
・CYP3A4を阻害する薬

現在投薬中の薬が上記に該当していない場合であっても、自己判断での服用は危険です。
主治医に相談の上、バリフの服用を始めましょう。

更新日:

Copyright© レビトラからバリフへ!はじめてのED治療薬通販 , 2019 All Rights Reserved.