薬を知る=効果を制す

薬を知るということは効果を得るということ

薬を服用しても欲しかった効果が得られない、障害が残ってしまったなどといったことは避けたいですよね。
服用する薬がどういったものなのか知ることができれば、効果を安全に得ることができます

バリフからどういった効果が得られ、服用することでどんな副作用が出て、いったいどんな人が服用してはいけないのかを知りましょう。

バリフの効果はレビトラと同じ

バリフとレビトラの効果は同じ

レビトラのジェネリックであるバリフ。
ジェネリックだからこそ、その効果はレビトラと同じものです。

バリフはED治療に効く薬であり、性器を勃起させ、硬さを保ち、射精までを導きます。
有効成分であるバルデナフィルは水やアルコールに溶けやすい性質を持っており、即効性に優れています。服用後、最短で15~30分では効果があらわれ始め、効果の持続時間は10mg=5~6時間、20mg=8~10時間ほどです。

食事やアルコールの影響を受けづらくなっているため、あっさりとした食事や少量のアルコールを楽しんだ後に服用することができます。

早漏男子も必見!

バリフはEDの他に早漏にも効果が期待できます。

ED患者の多くが早漏にも悩んでおり、バリフを服用した人で通常より2.4~3倍ほど射精までの時間がのびたという報告があります。

なぜバリフが早漏にも効果があるのかということはまだわかってはいませんが、性器が硬くなることで感覚が鈍くなるためではないかといわれています。

バリフは副作用が出やすい!?

バリフの副作用

バリフの有効成分であるバルデナフィルは吸収率が高く、それに伴い副作用が出やすい特徴があります。
副作用の症状として報告されている症状は次の通りです。

●バリフの副作用●
頭痛、ほてり、めまい、鼻閉、消化不良、背部痛、腹痛、鼻出血、視覚異常  など

臨床試験において頭痛の症状が約12%、ほてりの症状が約10%という確率で出ているため、バリフを服用して出る頭痛やほてりの症状はデフォルトと思っていいでしょう。

副作用は効果の持続時間内で発症し、効果が切れる頃には治まっています。副作用の強さは人それぞれですが、だんだんひどくなっていったり、効果が切れても治まらないといった場合は医師に診てもらうようにしてください。

あなたは服用大丈夫?

バリフの服用がNGの人

薬の効果には、持病を悪化させてしまったり、病気を誘発してしまうものがあります。
次の人はその恐れがあるため、バリフの服用は決してしないようにしましょう。

●バルデナフィルにアレルギー反応をおこしたことのある人
●心血管系障害で性行為が不適当と判断された人
●半年以内に脳梗塞・脳出血や心筋梗塞を起こした人
●重度に肝障害のある人
●血液透析が必要な腎障害の人
●低血圧または高血圧の人
●不安定狭心症の人
●網膜色素変性症の人
●併用禁忌薬を服用している人

こんな薬と飲んじゃダメ

次の薬と併用してしまうと血圧を急激に下げたり血中濃度が高くなり副作用が強く出てしまう可能性が高いため、バリフの服用はしないでください。

●硝酸剤およびNO供与剤
●リオシグアト
●CYP3A4を阻害する薬剤
●クラスⅠA抗不整脈薬
●クラスⅢ抗不整脈薬

更新日:

Copyright© レビトラからバリフへ!はじめてのED治療薬通販 , 2019 All Rights Reserved.