ジェネリックってどんなもの?バリフとレビトラの違い

ジェネリックはどんなものなのか

現在、日本国内におけるジェネリックのシェア率は72.6%であり、想像していたよりも普及している印象を受けるのではないでしょうか。
イギリスやドイツ、フランスなどの医療先進国でもシェア率は70%を超えており、アメリカでは90%のシェア率になっています。

世界的に見ても普及しているジェネリックですが、まだジェネリックの品質が不安という人や、医師にいわれるままジェネリックにしているという人が多いのが現状です。

そこで、ジェネリックとはなんなのか、またジェネリックを使用するとどんなメリットがあるのかを説明していきます。

こんなにすごいジェネリック

ジェネリックってこんなもの

薬は2つの種類にわけることができます。
長い研究期間をかけて開発される新薬(先発医薬品)。
新薬の特許期間が終わって発売されるジェネリック医薬品(後発医薬品)。

新薬はさまざまな研究と試験を経て10年以上の歳月数百億~一千億円の費用をかけて開発され、それにともない高額な値段で販売されます。
一方ジェネリックは新薬を元にして開発をおこなうため開発期間は3~4年と短く、費用も約1億円程度であり、低価格で販売されます。

新薬と同じ効果をより低価格で得ることができるため、ジェネリックは国境なき医師団でも使用されており、また世界保健機関からも使用を推進されているのです。

バリフ通販においては、バリフがジェネリックであり、レビトラが新薬となります。
よってバリフを購入すると、レビトラと同じ効果を低価格で得ることができるのです。

新薬とはここが同じでここが違う

ジェネリックと新薬の同じところと異なるところ

新薬を元に作られているジェネリックは、ほとんど新薬と同じ薬です。

◆新薬と同じ◆
・有効成分
・品質
・効き目
・安全性
・副作用
・服用方法
・併用禁忌

有効成分が同じということは、薬の効果なども同じということ。
また、新薬開発の際の試験で有効成分の品質や安全性は証明されており、それは同じ有効成分を持っているジェネリックにも当てはまるため、ジェネリックは新薬と同じだけの品質・安全性を確立しています

バリフもレビトラと同じバルデナフィルが有効成分として使用されており、バルデナフィルの品質や安全性はレビトラの開発時に証明されています。
よってバリフの品質・安全性は申し分ないものとなるのです。

◆新薬と異なる◆
・添加剤

有効成分の特許期間が切れても、ほかの成分の特許は切れていないということがほとんど。
ゆえにジェネリックは新薬と有効成分は同じものの、添加剤が異なります。
添加剤が異なると、薬の溶け方や作用の仕方が若干異なります。新薬よりも効果が効いたり逆に効かなかったりしますが、それはあくまでも数値上のわずかな差であり、実際のあらわれ方に差はありません

ジェネリックのメリット

ジェネリックのメリット

ジェネリックを服用することには、さまざまなメリットが存在します。どういったものがあるのか確認しましょう。

●新薬と効き目も安全性も同じ
新薬と同じ有効成分を使っているため、その効果や安全性は証明されています。
●新薬より服用しやすく改良している
新薬の次に開発されるので、新薬の欠点を改良して販売することができます。
●価格が安いので続けやすい
ジェネリックは新薬と比べ価格が安いので、継続した治療の負担を減らすことができます。

新薬と同じ効果と安全性を確保しながら低価格でGETできるジェネリックは、私たちの治療を楽なものにしてくれます。
ゆえに、レビトラと同様の効果や即効性を安く手に入れることのできるバリフは、レビトラジェネリックの中で人気なのです。

ジェネリックのデメリット

ジェネリックのデメリット

ジェネリックには多くのメリットがある反面、少しのデメリットがあります。

●稀に合わない人がいる
添加剤が異なるため、添加剤にアレルギーがある人などはそれを使用したジェネリックは服用できません。

ごく稀にですが、添加剤が合わなくジェネリックを服用できない人がいます。
しかし、ほかのジェネリックではその添加剤が使用されていない場合もあるので、価格を抑えたい人は、ほかのジェネリックも見てみましょう。
バリフが体質に合わないという人は、他のレビトラジェネリックを試してみてください。

更新日:

Copyright© レビトラからバリフへ!はじめてのED治療薬通販 , 2019 All Rights Reserved.